一姫二太郎が理想の家族構成なので男の子と女の子を産み分けしたいです

具体的な家族計画を立てている方へ

『子供は2人欲しい、できれば3人は欲しい...』と考えているご夫婦は多いかと思います。ではみなさん、一体どのくらい具体的な家族計画を立てているのでしょうか?

『一人っ子だと寂しい思いをさせそうだからなんとなく...』という方もいれば、『一姫二太郎が育てやすいと聞くので、最初は女の子で次は男の子が理想』という方もいるでしょう。

『子供は3人欲しい』という方は、もっと具体的に計画をしているかもしれません(一番下だけ男の子が良いとか)。

もし理想的な家族構成を思い描いているのであれば、出来る限り高い確率で産み分けができる方法で挑戦したいところです。

例えば、『絶対に一姫二太郎』と考えているのであれば、当然理想を叶える難易度は高い。

そこでここでは、理想の家族構成を考えている方のために、産み分けの確率を最大限に高めることのできる【 クリアブルー排卵検査器 】というアイテムをご紹介してみようと思います。

排卵日検査薬でタイミングを計るのは難しい

排卵日検査薬で産み分けに挑戦する場合、海外製の安価なタイプが人気です。

確かに、海外製の排卵日検査薬は感度も高く設定されているものが多く、気軽にこまめに検査できる点でオススメなのですが、正直なところ「産み分け法」として排卵日検査薬を利用する場合、かなりのコツが必要となってきます。

男の子が希望なら、排卵のタイミングにぴったり合わせたいところですし、女の子が希望であれば、排卵の2~3日前を狙わなければなりません。

排卵日検査薬の種類や体質によっては、反応せず測定できないこともあるでしょうから、2~3日前を狙うのは排卵日当日を狙うより難しいかもしれません。

そこで、クリアブルー排卵検査器という新アイテムです。

クリアブルー排卵検査器は、排卵期を最大5日前から測定でき、かつ妊娠しやすさに応じて「high」・「peak」とデジタル表記してくれるため、排卵日検査薬を使用する場合と比べて遥かに確実に産み分けに適したタイミングを知ることが可能となります。

ちなみに、「high」のタイミングならば女の子、「peak」のタイミングであれば男の子を産み分けるのにぴったりなタイミングとなっています。

本来クリアブルー排卵検査器は、妊娠の確率を最大限に上げるための最新機器なのですが、「high」と「peak」のタイミングを利用して産み分けにも応用できる優れた製品なのです。

安価な排卵検査薬では黄体形成ホルモンのみの感知で判定するところ、このクリアブルー排卵検査器は黄体形成ホルモンに先立って上昇するエストロゲンの変動も合わせて感知・計算し、的確に排卵日を割り出してくれるため、こういった「産み分け法」も可能となるのです。

産み分けはクリアブルー排卵検査器で十分

産み分けの方法は、「酸性に弱く・寿命が短い」という男の子を作る精子の特徴と、「アルカリ性に弱く・寿命が長い」という女の子を作る精子の特徴を踏まえたうえで、膣内の環境と排卵のタイミングを考えるのが基本となります。

そのために精子の濃度を調節したり、膣内のPHを調節したりするのですが、一番難しくかつ重要なのはなんと言っても排卵のタイミングを知ること。

なぜならPHは膣内のみの問題で、膣内以降に精子が通ることになる子宮頸管や子宮内のPHまではコントロールできないので運の要素が強いのと、精子の濃度とはいってもその都度検査できないためこれまた運の要素が強い現実にあるからです。

子供の性別を決めるのは精子で、だからこそ精子の状態は大事ではありますが、上記のように運の要素が強く絡むために、基本的に男女の割合というものは半々なのです。

しかし、卵子がなければ妊娠できないことだけは確実です。

いくら理論的に精子の質と膣内の環境が完璧でも、安価な排卵日検査薬で予測した排卵のタイミングが不確かならば、「産み分け」の確立もガクンと落ちてしまうのです。

反対に言えば、排卵日さえ把握しておけば、精子の質や膣内の環境は工夫次第でコントロールできるのですから、そういう意味でも重要性は低いのではないでしょうか。

「産み分け」の確率を最大限に上げるために必要なのは、まずは確実な排卵日の特定です。その次に、精子や膣の状態調整なのです。

長期的な家族計画を立てているのであれば、一番大事な排卵日が簡単に特定でき産み分けにも挑戦できる、クリアブルー排卵検査器で理想の家族に一歩近づくことができるはずです。

男女の産み分けで参考になるページ

産み分け情報

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る